おろかな睡眠不足

感想だったり推薦だったりを語彙力なく語ります

『少女辞典』についてを書き記してみる

八千子ちゃんならいつか幽霊も素手で殺れそう。

www.ganganonline.com

もともとバディ物に良くハマるタイプなんですけど、久々に心臓にえぐるように刺さる作品に出合ってしまってずーーーっと虜ですね。連載開始から一話欠かさず見てる珍しい作品です。

 

(怪談じゃないあらすじ:戸隠八千子は女子高生。諸事情会って夜を明かすため、古びた女子廃寮へと一人やってくる。そこはどうも『隙間男』が出るという噂があるけれど…。ふと八千子が部屋の隙間を覗き込めば、そこにはなんとオバケのギコが潜んでいた。隙間に住み着くゴキ男 ギコ曰く、彼には少女という謎の生き物を解明するため、『少女辞典』を完成させるという目的があるらしく…?)

 

 作品について

安井万里絵作『少女辞典』はガンガンONLINEでWeb連載中の漫画です。そう、Web連載なので毎月最新話が無料で読めちゃう!読んで!でも読むなら発売中のコミックスを読もう!!!!!一緒に幸せになろう!!!!

少女辞典(1) (ガンガンコミックスONLINE)

少女辞典(1) (ガンガンコミックスONLINE)

 

意識と話がそれたので戻します。

 

内容について 

 

この作品は、主人公で語り部の戸隠八千子と、隙間――例えば彼女のスカートの内側など――に住んでいる幽霊のギコによる、基本1~2話完結の『少女』にまつわるお話です。タイトルは「○○少女」(○○の中にはその話の題材となる少女の特徴を表した漢字二字が入る)となっており、ギコの好奇心と成り行きで付き合う八千子が、その少女の抱える悩みを解決ないし保留、最終的に少女辞典に記します。

 

こうとだけ記すとお悩み解決万事屋さんみたいな雰囲気になってしまうんですが、それだけじゃない。

怖いんです。愛らしいデフォルメのキャラクター造形とはかけ離れたホラーが、要所要所にするっと差し込まれる。ギコは前述通り「スキマオバケ」という謎存在なのですが、使える能力は様々。意図的に存在を見せたり見せなかったりもできるので、事情を知っている八千子以外にギコはとても恐ろしいものとして映る。その描写が本当に恐ろしい。いや、背筋が凍るというか、ボタンのかけ違えで命消えるんじゃ……というおぞましいなにかを感じさせる。世界観の根底を這うのがギコという幽霊を許容するホラーなんですよね。その上で描かれる少女達が向き合う現実、生々しい人間の感情に揺らぐ彼女達が非日常やホラーと混ざって摩訶不思議な雰囲気を醸し出す。

 

とはいえ、進行は基本コメディなのがにくいところです。常識的なようで突拍子もない行動に出がちな八千子と、オバケゆえかどこかずれた思考をしたり察しが悪いところがあるギコ。我の強い二人の漫才みたいなやり取りは回を増すごとに遠慮がなくなるし、八千子の反射的行動の破壊力は幽霊を殺しかけるにとどまらず自殺しかけを先に殺しかける程なので……*1。そんなギコとの、生意気を互いに言い合いながらも互いを補っていく関係性、いや、好きですよね………(突然の感想)

マジで超いいんですよ、少しずつ妥協したり許容したりを繰り返して、時に助け合い、内緒の相談をしたりしつつ奇妙な信頼関係を築いていく。恋愛とも友情とも違う、これは共闘……共闘?戦ってるのか?時折ギコが死にかけてるから戦ってはいる…いるのか?

二話にしてギコがスカートの中にいることに別段羞恥を抱かなくなってるところ、ギコのデリカシーのなさと八千子の頓着のなさが上手い事かみ合ってるのが現れてて好きです。

そんなコメディの中にホラーが挟まるから、不意にドキリとしつつもミスマッチを味わうことが出来る。緩急の付け方が独特なので、笑いながらめくった次のページやコマでつい呼吸が止まったり。いや面白い。

 好きなところ

この作品、基本的に事態の解決を優先しないところがあります。普通こういったお悩み解決系だと、相手に親身になって解決するまで付き合うことが定石なんですけど、八千子とギコはそうしない。ほかの誰かに任せられれば任せるし、伝えなくていいことは伝えない。ギコは少女辞典に少女のことを書き記せれば満足だし、八千子も好んでトラブルに足を突っ込むほどのお人よしじゃないから。そもそも八千子自身の悩みは依然保留されているからこそ、八千子とギコは一緒にいるわけで。この辺り一話なんで読んでください!

その緩さというべき雑さもいいな、と思います。ふわっとしてる。

 

また、基本単話の話が続く作品ですが、謎のオバケのギコや彼にまつわるものごとにも、どうやら様々な秘密が隠されていることが示唆されます。それは物語を追う度に少しずつ触れるものなんですが、八千子と出会う前にあったこと、 そもそも「少女辞典」なんてものを始めた訳、何故廃寮になった寮に住んでいるのかなどなどエトセトラエトセトラ。

そしてその謎を紐解けるのはギコと共にいる八千子だけ。八千子が踏み込むその時、ギコは一体どうするのか?

最新11話(2/12現在)では1話以来の「家出少女」のタイトル、八千子とギコのそんな秘密の話が読めます。めちゃいいですからぜひ読みましょう。マジでいいので。こういうのが私大好き!あなたもきっと好き!!!!(強要)

 

コミックスについて 

他、発売中の単行本の装丁もーーこの本に関しては、電子書籍ではなく是非現物をお手に取ってもらいたいんですが、表題の「辞典」の名の通りのデザインがされています。小口に話ごとのインデックスがついていて、一見本物の辞典のように見えるんです。凝ってて素敵なんですよね。勿論作画、絵の描き込みもものすごい。柔らかくも細かいタッチ、ほんとに読んでて楽しい絵です。めちゃんこかわいい。

 

 まとめ

謎解き、ホラー、思春期の揺らぎ、女子高生と少年オバケのバディ。いろんな要素を押し込んでぎゅっとプレスしたものを丁寧に描いている。こんなん2度は見つからないちょうぜつうるとらやべえ作品です。

是非読んでみてくださいっておすすめダイマ記事でした!以上!

 

 

*1:『自殺少女』参照。あの回普通にラブコメしててちょっとびっくりした